ハッピー住宅|埼玉・東松山、嵐山、小川のローコスト住宅・新築戸建専門店

イベント情報

【忙しい人向け】エコキュートってどんなもの?|2021年4月21日

こんにちは!ハッピー住宅のインテリアコーディネーター、藤間です。

 

今日はお打合せ中によくご質問を頂く、エコキュートについて、超ザックリ!メリットデメリットをまとめてみようと思います。

 

「家づくりにあたって色々検討しなきゃだけど、仕事に子育てに大変だし時間もないし難しい説明が沢山載ってるサイトを読む気力がない!」という方向けです。

詳細な説明をご覧になりたい方は、エコキュートの仕組みから詳しく載せているサイトが沢山ありますので、そちらをご覧になってくださいね。

 

エコキュートとはザックリ言うと、「深夜電力で1日分のお湯を沸かして貯めてくれる巨大な魔法瓶」です。

画像引用:三菱電機ホームページ

電気代の安い深夜電力を使うので、ガスでお湯を都度沸かすよりも光熱費を抑えられるのが一番の特徴です。

お湯をためる貯湯タンク (大きめの冷蔵庫くらいのサイズ感)とお湯を作る機械(エアコンの室外機のようなもの)をセットにして屋外に置くと思って下さい。

IHクッキングヒーターとセットで導入すればオール電化になります。

 

【メリット】

・月々の光熱費を抑える事が出来る。

・ガス給湯器に比べ、水からお湯への切り替わりが早い。(私の個人的な感想です)

・非常時、貯湯タンクのお湯を取り出して使う事が出来る(飲料用には使えない)

・ガスを使わないので地球にやさしい

 

【デメリット・注意点】

・導入費用がかかる。(プロパンガスの場合「○○年契約しばりで給湯器代はガス会社持ち、施主負担なし」というケースが多い)

・貯湯タンクのお湯を使い切ってしまうと新たに沸かすまで時間がかかる。(宿泊客がある等、普段よりもシャワー等の使用量が増える時に注意)

・エコキュートのお湯は飲料用ではないので、飲むためのお湯はやかん等で沸かす必要がある。

・住まい手による定期メンテナンスが必要。(貯湯タンクの水を抜くなど)

・追い炊き機能を使う場合、使える入浴剤が限られる。(白濁系、とろみ系はNG)

・深夜にわずかながら機械音が発生するので、自宅・隣家の寝室近くにならない様に設置位置を検討した方が良い。

・シャワーの水圧が強めがお好みの方は「高圧タイプ」を。

 

 

貯湯タンクのサイズは一般的なサイズが370リットル(3~4人家族向け)、その上のサイズが430リットル、460リットル(お湯をよく使う4人家族以上向け)になります。人数はあくまで目安ですので、ご家族の生活スタイルを考えながら選んでください。(お湯をたくさん使うシャワーで入浴を済ませる家族がいるのか?等)

貯湯タンクの寿命は10年から15年です。幼いお子さんがいるご家庭はまずは370リットルにしておき、お子さんが中高生になる10年後の買い替えの時に460リットルにサイズアップする等、ライフステージに合わせての選択がおすすめです。

 

新築時に予算に余裕があり、注意点を理解して使ってあげる事ができれば非常に良い設備だと思います。

私を含め、自宅でエコキュートを使用しているスタッフもいますので、使い心地等気になる方はお気軽にご質問くださいね。

 

見学予約・お問い合わせはこちらからどうぞ!!

埼玉でローコスト住宅を建てるなら

新築一戸建て ローコスト住宅専門店のハッピー住宅

■〒355-0014  埼玉県東松山市松本町2-1-1

TEL:0493-22-1367   FAX:0493-24-6273

ホームページ:https://happy-jutaku.com/

facebook : https://www.facebook.com/happy.jutaku/

インスタグラム:https://instagram

 

 

 

ハッピー住宅|埼玉・東松山、嵐山、小川のローコスト住宅・新築戸建専門店
予約特典あり!イベント予約
無料資料ダウンロード